HOME>形成外科

ワキガ・多汗症

ワキガの治療と多汗症治療
臭いの原因

ワキには、汗を排出するエクリン腺、ワキガ特有の臭いの元になるアポクリン腺が主なものとして存在します。

エクリン腺は全身に分布しており、手や足の裏、わきの下などに多く存在します。
一方、アポクリン腺は部位が限られていて、頭皮内に少し、乳輪の周囲、腋の下、陰部にあり中でもわきの下と陰部に多数存在しています。

エクリン腺の支配神経は、アセチルコリン作動性の交感神経ですが、アポクリン腺はそれに、ノルアドレナリン作動性の交感神経が加わり、二重支配下におかれているのが特徴です。

ワキガの治療はこのように、汗とワキガの元となる汗腺、神経などが異なり、ワキガ(腋臭症)と多汗症とは全く別の疾患です。
市販されている抗菌制汗剤はワキガの元になる低級脂肪酸、アンモニアなどの増加を防ぐ効果がありますが、あくまでも一時的なものであり、根本的な治療を望むものであれば、手術が必要です。しかし、手術はあくまでも減量の手術であり、手術をすれば臭いが全くなくなる訳ではありません。臭いと同時に汗、毛も減少します。

手術について

手術法は様々で、一般的に行われているのは反転・除去やロータリーシェイビング法です。いずれの手術も1週間で抜糸を行いますが、多かれ少かれ傷ができるということは避けられません。

傷跡が少ないロータリーシェイビング法でも5mm程の傷が2~3箇所残り、3~6ヶ月は赤い傷跡が残ります。

また、術後1週間、圧迫固定をすることが必要で手術は夏場ではなく、冬場には行う方が望ましいでしょう。
美容外科「腋臭症」を参照してください。