HOME>皮膚科

湿疹・アトピー性皮膚炎等

湿疹・アトピー性皮膚炎等
湿疹について

皮膚科診療例の1/3を占めるポピュラーな疾患で、一般に皮膚炎と言われることもあります。かゆみのある赤い発疹で、かさかさ、ぽつぽつ、かさぶたを伴います。
外的因子(ハウスダスト、花粉、細菌、薬剤など)と内的因子(アレルギー、アトピー素因、健康状態など)が重なって発症します。
湿疹には、主婦湿疹、オムツ皮膚炎、接触皮膚炎(かぶれ)、アトピー性皮膚炎、異汗性湿疹、脂漏性湿疹などがあります。原因が明らかな場合は、原因を除去します。
主にステロイド外用、抗ヒスタミン薬内服などで治療します。

アトピー性皮膚炎

全身のどこにでも生じる、かゆみを伴い慢性的に経過する皮膚炎(湿疹)です。
皮膚に乾燥しやすくバリアー機能の弱い性質があり、そこへ様々な刺激やアレルギー反応が加わって生じます。
自分の皮膚の性質を理解して適切な治療をきちんと続ければ、治ったと同様の状態(症状がないかあっても軽く日常生活に支障のない状態、または悪化してもすぐに戻る)になることができます。
治療は、ステロイド外用薬や免疫抑制剤(タクロリムス)外用薬、保湿剤などの塗り薬による治療が基本です。治療に使用する外用薬は、赤くてかさかさしている、硬くてごわごわしているもの、じくじく汁がでて腫れる、などそれぞれの発疹の重症度にあわせて選びます。
適切な強さの塗り薬を適切に使用すれば、世間で騒がれるような副作用の心配はありませんので、いたずらに怖がらず皮膚科に相談してください。

かぶれ

病名では接触性皮膚炎といいます。外界物質(接触原)の刺激または外界物質に対するアレルギー反応によって、接触した部位に一致してできます。
特定の部位の場合、オムツ皮膚炎や主婦手湿疹などの病名で呼ばれます。
物質の触れた部位がかゆくなり、赤みや水疱、プツプツができ、腫れることもあります。原因となる物質を絶ち、ステロイドの外用剤で治療します。
アクセサリーなどの金属やウルシ、サクラソウなどの植物、毛染め剤などが代表的な原因物質です。

虫さされ

蚊、ブヨ、蜂などの昆虫に刺されて生じ、かゆみを伴います。さされた部位は膨れて、赤くなり水疱となる場合もあります。治療はステロイド外用剤、抗ヒスタミン薬の内服です。虫刺されとは違いますが毒蛾皮膚炎といって、チャドクガなどの毛虫の毒針毛によって生じるチクチクと痛みを伴う赤みがでる皮膚炎もあります。

蕁麻疹(じんましん)

全身のどこにでも発生し、みみず腫れのように盛り上がることもある赤い発疹です。
激しいかゆみやちくちくする感じを伴います。皮膚の真皮にある肥満細胞が何らかの刺激を受けてヒスタミンを放出し、そのヒスタミンが皮膚の毛細血管に作用して発疹やかゆみを生じます。そのため、ひとつの発疹は数時間から半日の間に、長くても一日程度で跡形もなく消えてしまうのが特徴です。
食物や、薬剤、感染の他、日光、寒冷などの物理的な刺激、ゴム製品などの接触などが原因となっていることもあります。治療法は原因がはっきりしている場合は原因の除去、抗ヒスタミン薬の内服です。重症例にはステロイド薬を用いることもあります。