HOME>皮膚科

水虫(白癬)

原因と治療法

いわゆる水虫(足白癬)、爪みずむし(爪白癬)、たむし(体部白癬)、いんきんたむし(股部白癬)、しらくも(頭部白癬)はいずれもカビによる真菌症で、特定の真菌群が皮膚や爪(主に角層)に寄生して生じます。

日本ではおよそ5人に1人が足白癬に、10人に1人が爪白癬にかかっていると言われています。
不特定多数の人が使用するスリッパや浴場、サウナのマットなどに触れた後は気をつけましょう。

また、かゆみを伴わない「水虫」もあります。家族や同居している人にもうつりますので、本人にはかゆみがなくて困らない場合も、きちんと治療することが大切です。
治療は局所を石鹸で清潔にし、抗真菌剤の内服または外用剤を使って治します。