HOME>美容皮膚科

肝斑・更年期障害の治療、美肌

肝斑・更年期障害の治療、美肌
プラセンタ注射

プラセンタとは英語で「胎盤」のことで、プラセンタ療法とは、胎盤を治療に使用する療法を意味します。
この中には2つの方法があり、1つは加熱減菌処理したヒト胎盤を皮下に埋め込む「胎盤埋没療法」であり、もう1つはヒト胎盤抽出エキスからなる注射製剤を使用する方法です。

1930年代に旧ソ連、オデッサ医科大学教授のフィラートワ博士がこの治療を始め、多様な疾患に効果があることが確認され発展しました。
日本でもこの影響を受けて、1950年頃から治療を始める医師が現れ、その後「メルスモン」、「ラエンネック」という胎盤抽出エキスからなる注射液が日本で開発されました。

「メルスモン」は更年期障害、乳汁分泌不全に、保健適応があり、通常1日1回又は、隔日に1アンプル皮下注射することとなっています。「ラエンネック」は慢性肝疾患における肝機能の改善に保健適応があります。

以上が、健康保険で定められた使用方法ですが、50年以上にわたる経験上、他の疾患にも有効性があることがわかってきました。

  • 1. 気管支喘息、アトピー性皮膚炎、花粉症などのアレルギー疾患
  • 2. 高血圧、糖尿病などの生活習慣病
  • 3. 慢性肝炎、肝硬変などの肝疾患
  • 4. 慢性関節リウマチなどの膠原病
  • 5. 更年期障害、不妊、月経困難、冷え性などの婦人科疾患
  • 6. その他、癌(白血病を除く)、自律神経失調症、うつ病、貧血、肩こり

となっています。
(ただし、この場合は自費診療にならざるを得ません。)

当院では、注射1アンプル1050円という低価格で実施しています。またビタミン剤とあわせて静脈注射をすると疲労に効果的です。詳しい価格は料金表をご覧ください。

ビタミン注射

ビタミンとは、「微量で、体内の代謝に重要な働きをしているが、ほとんど体内で作ることができない、有機化合物」と定義されます。
さまざまな、生理機能を円滑に行うために必要とされるので、不足するとその機能が低下して、病気になったり、成長そのものに障害が出たりします。これが「ビタミン欠乏症」といわれるものです。

体内で作られるビタミンとして、ビタミンD、一部のB群、ビタミンKがありますが、これらも必要量の全てがまかなわれているわけではないので、やはり体の外から補わなければなりません。

当院では、ビタミンABCDE群、ナイアシン、パントテン酸、ニコチン酸などを、個人の症状に合わせて配合した注射を行っております。
プラセンタと併用することでも、疲れやむくみ、美肌効果、生理不順、貧血など、様々な効果が倍増します。
目安は、週1回から3回程度で、1回2,100円~となります。