HOME>美容外科

隆鼻(鼻を高くする)

隆鼻(鼻を高くする)

隆鼻術では、原則として鼻の軟骨や鼻骨と皮膚との間に人工物や生体組織を入れることになります。しかし鼻を高くするだけが隆鼻術ではありません。入れるものの形をデザインし、格好のいい鼻にする必要があります。言い換えれば高さだけでなく、バランスも改善できるのが隆鼻術なのです。


シリコンインプラント

過去数十年にわたって使われてきましたシリコン術です。材料が手に入りやすく、細工しやすいなどの利点があり、手術後気に入らなければ、やり直しも出来ます。
シリコンそのものに毒性はなく、また個体なので溶けて流れ出す心配もありませんが、あくまでも異物なのでコラーゲンの繊維膜を作って包み込んでしまい、この膜が厚くなりすぎると不格好になったり、薄すぎると移動する事もあります。

軟骨移植術

主に耳の軟骨が使われ、傷は耳の後ろなので目立ちません。
他に鼻の穴の間の鼻中隔軟骨、肋軟骨が使われる場合もあります。移植しても自分の体と癒着する為、移動したり皮膚から飛び出したりすることはありませんが、生着が悪いと吸収されてしまったり、また細工がうまくいかなかった際に手術して取り出す事が出来ません。

ヒアルロン酸注

射鼻(鼻根部)の高さが足りない場合、ヒアルロン酸を注入して高さを足してあげる方法が有効です。
鼻根部をつまむと皮膚に余裕があることからわかるように、こういった皮膚に伸展性がある場所はヒアルロン酸の注入に適しており、十分形を整えられる場所といえます。ヒアルロン酸で少しずつ形を考えながら注入していけば、美しいラインを実現できます。

プロテーゼ除去

プロテーゼを長期にわたって入れていると、どんどん皮膚が薄くなり、最悪の場合、皮膚が破れてプロテーゼが外に飛び出すこともあります。一度皮膚に穴が開いてしまうと修復は難しく、元通りにきれいにすることは不可能な為、皮膚が薄くなってきたら、薄くなった皮膚を自分の組織で裏打ちするか、プロテーゼを取りだす必要があります。