HOME>美容外科

その他(婦人科・他)

その他(婦人科・他)
小陰唇縮小術

左右の大きさ、形態もむしろ完全に対象である方が珍しく、部位としても色素沈着を起こしやすいです。手術は局所麻酔で行い、ある程度左右のバランスを考えた上で、自然に広げられた状態での最大幅が12~14ミリになるようにデザインします。
余剰分は切除し、粘膜側と表皮側とを縫合します。入院は必要としませんが術後の注意としては、1ヶ月ほど過度の運動などを控えるようにしてください。


臍形成術

へその皮膚を切開してでべその中身の組織を取り除き、へそのくぼみを作るように縫合します。
傷はへその窪みの中なので目立ちません。

傷あと修正

体幹部、主に脳や腹部を縦に切開する外科手術や、整形外科手術後の傷が、盛り上がったり、硬くなったりしていきます。体質や肌質、手術時の縫合方法などが原因となります。
治療法は、内服薬、ステロイド療法、放射線治療、圧迫、テーピング、瘢痕切除術などがありますが、患者さんの生活様式によって選択は様々です。治療には半年から1年程度かかります。