HOME>毛髪外来

パントスチン

パントスチン
パントスチンは男性及び女性の軽度の遺伝性脱毛症(男性ホルモン性脱毛症)を改善する育毛外用薬です。

有効成分のアルファトラジオールがテストステロンから毛根を痛めるジヒドロテストステロン(DHT)への変換を阻害することで、毛根を効果的に攻撃から守り、
脱毛を止めます。

女性にも男性にも高い忍容性があり、遺伝性の脱毛症の最初の兆候が出た段階で使用することができます。




[ご使用方法]

専用アプリケーターを用いて一日1回塗布します。
(脱毛が改善したら、2日に1回か3日に1回に回数を減らすことができます。)
効いてほしい部分、つまり毛根と頭皮に適応量(約3ml)を塗布し、薬液を指先で円を描くようにしながらマッサージし頭皮によくすりこみます。
※使い方は非常に簡単で、しかも不快感はありません。
※毎日1回例えば夜使用します。
※髪が塗れてしまったり、ベタついてしまったりすることなく、ヘアスタイルを損ないません。

[副作用]

アルコール成分によって短期間の頭皮の炎症、発疹、発赤などが現れることがあります。試用期間中、頭皮の脂分が多くなります。

[取り扱いのご注意]
※18歳未満の方は使用しないで下さい。
※処方箋を必要とする他の育毛剤との相互作用は不明です。
※他の薬品同様、妊娠中または授乳中の方は使用しないで下さい。